Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 中学英語長文を打破するために!

Blog ブログ

CATEGORY

  ブログ

中学英語長文を打破するために!



こんにちは!芦屋・打出個別塾のSTUDY KILALAです。

コロナ渦に翻弄された2020年、

受験時期をずらすかという議論まで飛び交いましたが

例年通り!となり

もちろん学習スケジュールも押しがちで

子供たちは振り回されながらも

なんとか行事をこなし

入試まで中学3年生は入試まであと数か月となりました。

 

さて今日は中学生英語のお話。

中学生の英語で大切な山は何でしょうか?

受け身? 現在完了形? 関係代名詞?

いえいえ・・それらは基礎のキソ!

私は

第一は「前置詞の山」

そしてその次に「長文の山」だと思います。

前置詞・・・in・on・at・under・about など

それらの意味合いをつかむこと!

前置詞は日本語の「助詞」や「副詞」に近いです。

「上の方」なのか「上に」なのか「ずっと上」なのか

・・・そんな意味合いを楽しみながら学習してみてください。

「get」や「take」とくっついてできるイディオムも感覚でわかってきます。

そしてこの前置詞の「防具」をつけたら

長文の山は高く、険しそうに見えても

数をこなしていくと意外と簡単に制覇できます。

一つや二つ、意味のわからない単語が出てきても動じない!

日本語なら読めない漢字があってもいちいち調べずに適当に飛ばしているはず

分からない熟語もなんとなくわかればOK!

 

中学生の皆さんは英和辞典を持っていますか?

辞書で前置詞を引いたことはありますか?

「in」や「on」という単語を調べると

たくさんの意味が載っています。

 

そして「in」や「on」は前置詞だけではなく

副詞としても使われます。

 

長文読解の力をつけるにはもちろん

基礎力をつけ、単語を覚え

根気よく、数多くの英文を読むことが必要です。

しかし

中学英語の長文は書いてある内容は平易です。

説明文、論文などではありません。

内容は小学3年生くらいまでの国語の教科書と思って大丈夫。

英語学習には「前置詞」!

一度 前置詞に着目してみてください。

 

 

 

ブログ一覧